コメントは受け付けていません。

脱毛エステでの肌トラブルについて

2014
11.03

脱毛エステの中でも特に多く起こるトラブルは、肌トラブルではないかと思います。その症状としては、火傷や皮膚の腫れ、炎症、痒み、発疹などではないかと思います。これらの肌トラブルが起こる原因としては、光脱毛などの場合だと、皮膚に当てられる特殊な光の強さが合わないことが挙げられます。また、施術を受ける側が日焼けをしていたりするのも原因の一つではないかと言われています。その他には、光を当てたあとのクールダウンが十分でなかった場合などにトラブルが起こっているようです。

このような肌トラブルは、施術を受けたあとに起きる場合もありますし、施術後2、3日してから起こる場合もあります。様子を見て治っているようだと良いのですが、火傷の場合は放っておくと痛みは出てきますし、水膨れなどになり、跡になって残ってしまう可能性もあるので、もし脱毛エステのあとに何らかの肌トラブルが起こった場合は、しっかりと経過観察していく必要があります。特に顔の脱毛のときなんかは、本当に注意した方がいいでしょう。また、場合によっては早めに皮膚科の受診をしなければならないのではないかと思います。エステサロンによっては、提携している皮膚科などの医療機関があるところもあるので、事前に確認しておくといざとなった時に心強いのではないかと思います。

脱毛エステによって引き起こされる肌トラブルは、エステティシャンの腕が悪いとか、知識不足とかだけで起こるものではありません。できるだけ日焼けをしないようにしておくなど、施術を受ける側も前もって気をつけておかなければばらない事もあります。そして、肌トラブルを回避するためには、施術前にパッチテストを行ったり、自分が受けたい施術を前もって体験しておく必要もあります。

Comments are closed.